こだわったところ

もともと借家で2世帯で分離されていた住宅を一つにつないで施主様自らが住まう1世帯で使用する住宅にリフォームをしました。

結構建物の内装や設備関係はふるくなっていたので、間取りも設備も全てやり直しました。

こだわった点は家事導線です。お子様の多い家庭では奥様の動きが複雑になります。
できる限り移動しやすく、家の中を自由に回れる導線を心がけました。

写真はメイン寝室から洗面・お風呂場への廊下です。

そして私も経験済なのですが、子供さんが多い家庭では、朝の身支度中の混雑が予想される洗面化粧台。

一度に使える二人分の洗面化粧台を作ってみました。
メーカー品ではあまり種類が出ていなくて、あったとしてもかなり高価です。

今回は別注で下台の家具を作り、サンワカンパニーさんで買ったシンクを置いてみました。
壁内巾ピッタリのサイズで作りましたので、無駄な隙間はできませんでした。

洗面ボウル前の鏡を見ながら、親子の朝の会話ができればいいな〜と思った次第です。

そして床にも注意をしました。

今までのリフォームではフローリングと樹脂タイルとの境にステンレスの金物を入れなかったのですが、小さなお子様のいる家庭では、子供さんが走り回る事もあるかな〜と思いわずかな段差で床がめくれ上がらなく、つまずかないように考慮してみました。

もちろん収納も考えてみました。
開放的にしたかったのでオープンキッチンとしました。

吊り戸等もなくして開放的にしたのですが、その分収納スペースが少なくなります。

それを補う為にキッチンの隅に外から見えない収納スペースを設けました。

鍋類や桶類・食品庫もかなえられるので便利だと思います。

男の子の部屋です。

基本的におうち全体の壁はクロス仕上にしていますが、ワンポイントのアクセントで楽しい印象になりました。

施主様希望の蓄光性のクロスも天井に貼り、夜暗闇になると星のように光るクロスとしています。

概ね2ヶ月の期間を要したリフォームになりましたが、施主様にはご理解を賜りご迷惑をかけた部分も多々あったでしょうが、無事終了してほっこりしております。

また、サプライズのクリスマスプレゼントに部屋をもらえる子供さん達の事を思うと、家族っていいな〜とつくづく思いました・・・ありがとうございました!


概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
Copyright (c) 2011 home-reno company . All rights reserved.