店舗工事進捗

西舞子の店舗工事の進捗です。

湯切りをしたり油を落としたりで常に床を洗う必要がある店舗では、厨房床を防水した方が良いと思います。

なぜなら、もし店舗内で漏水等を起こした場合、厨房機器をすべて除けて漏水箇所を調べ修理するとなると、何日間は店舗を休まないといけません。
もちろん休店中は売上をうまないので、それなりの覚悟が必要です。
厨房区画のみ防水をしておけば、そういう心配はかなり少ないですね。
もちろんドライの床より費用も工期も余分にはかかりますが、できれば防水工事をされる事をおすすめします。

ただ、カフェのような軽食のみでしたらドライでも良いかもしれません。
そのあたりは、業態やオペーレーションによってご相談したいところです。

六甲で和食店を洋食店に改装する工事を先週中旬から始めました。

とにかく現代和風なイメージが強い店舗だけに、そんな要素をまず除いていってます。

除くのは簡単ですが、使えるものは使いたいと思うのはどのオーナーも思われる事は一緒ですので、オーナー様と相談しながら、一歩ずつ進めたいな〜と思っています。

勝手な判断や進行はできないですけど、いちいちなんでもオーナー様に伺うのも微妙なもので、そのあたりのバランスがいつも難しいな〜と思います。


概要 | プライバシーポリシー | Cookie Policy | サイトマップ
Copyright (c) 2011 home-reno company . All rights reserved.