「お~筋交いがでてきた!どないする?」

戸建のリフォーム

 

外壁はいよいよ最後の仕上です。

モルタル下地に四国化成の弾性パレット(同色)をコテで1回塗り、2回目は櫛引き模様をつけております。

 

そうしないと下地のグレーのモルタルが櫛引の際見えてくるかもと云う事です。

 

つごう4回左官職人さんは外壁を仕上げる事になるのですが、よくある外壁塗装よりかなり質感は良いかと思います。

 

 

そして室内はほとんど完成に近づいているのですが、1階の寝室に窓が追加で欲しいと云う要望が途中であり、急遽アルミ窓を作り外壁をカットしたのですが、開口してみると鉄骨のフラットバー形状の筋交いがでてきました。


軽量鉄骨造で図面が残っていない建物をリフォームする際こんな事がおこりえます。

まあ~古い建物の場合、ほとんどの建物は構造図面まで残ってないのが実情ですか・・・!

さあ~この筋交いはぜったい外せない。製作済みの窓を小さくするわけにはいかない。

ここまで順調にきていたのに、・・・・結構問題です。


施主様にこの内容を説明をして協議しました。・・・窓の設置をやめる選択肢はないので考えました。次回どうしたかご報告します。

 

 

 

TOPページに戻る→


概要 | プライバシーポリシー | Cookie Policy | サイトマップ
Copyright (c) 2011 home-reno company . All rights reserved.