「心地よい和室」

ほとんど使っていなかった和室を心地よい和室にしたいとの要望で、リフォーム途中の写真です。

 

部屋の真ん中に家具を移動させているので、アングルが悪くわかりにくいのですが、もともとあった壁紙の上から内装用塗壁材「テラ・デコール」を塗っております。

色はプラムブルー、櫛引模様にしています。

 

塗りたてで乾いているところと乾いていないところがムラになっておりますが、調湿の程がわかりややすい状態です。

 

この後、襖紙や畳、障子の交換と床の造作等を経て完成となります。

この素材の特徴は、

1、発がん性の恐れのある結晶性シリカを含んでいない事

2、アクリル樹脂系の接着剤も含まれていない

3、防腐材も一切使用していない事でその安全性が食品レベルとの事です。


詳しくはメーカーのサイトでご確認頂くとして、結構材料コストも押さえられています。

今回はこの建物全ての壁に塗り込んでおりますので、調湿作用はかなりのものかと期待しています。


一般的に塗壁材を使用すると、湿度をコントロールできる事、結露防止になる事、弱アルカリ性でカビの発生を抑える事、静電気の発生が無いのでホコリガ付きにくい事、断熱・保湿効果にも優れている事等があげられます。

 

 

TOPページに戻る →


概要 | プライバシーポリシー | Cookie Policy | サイトマップ
Copyright (c) 2011 home-reno company . All rights reserved.