「廊下として使っていたスペースをダイニングに変える」

神戸で戸建のリノベーションを工事中です。

 

閉鎖的だったキッチンの壁を全て一旦撤去し、開放的な対面L型キッチンを設置する予定です。

写真はその対面する開口部をダイニング側から見たところですが、一部少し高くなっているところは反対側にシンクがくる位置です。この高くなった所にハンガーパイプをつけてタオルハンガーを設置するのですが、幸いに多少食器を洗う際等のお客様と家人の距離感が微妙な間合いでとれると思います。

全面開口でオープンだと少し落ち着きのない空間になってしまいそうです。

若夫婦ぐらいだと友人を招いたりしても全面開口で問題は無いように思いますが?。(まあ~好き嫌いでしょうが!)


キッチンは現在北海道札幌で製作中(インパクト製)なのですが、設置次第アップ致します。

そして今回の見えがかりで最も変わるのはこの床部分。

今まで廊下として使っていたスペースをダイニングに変えるので大理石張りにします。

アドバンのマリーローズと云う商品でピンクがかった色目ながら天然石が持つ一枚一枚違う微妙な模様で落ち着いた空間になるよう計画しています。


本来個人的には、下地木組の上に石を貼ると太鼓の様にポコポコ感が出るのであまり好ましいとは思わないのですが、この戸建ては床の下地がかなり暑くてポコポコ感がなさそうなのとあえて素材を変えることで、他のフローリング材(工業製品)と違和感がでないように配慮しました。

 

このリノベーションは11月末まで続きます。

いろいろな箇所をたくさん報告していきたいと思います。(拝)

 

 

TOPページに戻る →


概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
Copyright (c) 2011 home-reno company . All rights reserved.