「それでいくらぐらいでできますか?」

リフォーム工事にしろ店舗工事しろ、必ず「それでいくらぐらいでできますか?」と聞かれます。

どこの業者を選ぶにしろ金額は非常に気にる部分で、それを聞いて業者選択の最重要課題の位置づけだと思います。
しかし、こちらにしてみれば、何の素材を使ってどういう手順で進めるのか、何にも決まってない状態で、何人で何日ぐらいかかるのか、このあたりを瞬時に判断しお答えするのは難しい問題です。


何かの定価があって○○%で仕入れて、それに利益をのせて販売する場合はわかりやすいですが、何かを仕入れて、何かの作業をして物を作る業種としては、即答はつらいものなんです。
だからと云ってすぐに答えないと選択肢から外されかねない質問ですから困った問題です。


たとえば、ネットなんかで良く目にするのは、クロスの張り替え1㎡/800円~。これだけで考えると、単純に50㎡だったら ×800円 ですから40、000円と思いますよね!
でも、実際は違うんです。やれ、古いクロスを剥がす費用や、そのクロスを処分する費用、新しいクロスを貼る為の下地パテ作業費、作業範囲を養生する費用などなどがかかり、結果的には80、000円弱ぐらいになってしまうんですよね。そしたら㎡で割ると、1㎡/1,600になるんですね~。


ここがこの業界のおかしなところで、見積項目に決まりがまったくなく項目を作ろうと思えばいくらでも作れてしまうんです。

たとえば、打ち合わせ経費・現地確認費・運搬交通費・消耗品・諸経費・管理費等々、いくらでも項目は作れるんですね。


私はこの業種で長く働き会社を始めたものですから、このトリックを真っ向からつぶしていきたいと思います。すなわちシンプルに考える事にしています。たとえばクロスを1㎡/350円で仕入れて50㎡を2人の職人で1日で貼ると考えます。材料は17、500円+職人は15,000×2人で30,000円、会社維持費を15%とするなら約60,000円で充分です。
クロスを貼るのに古いクロスを剥がすのやら処分することはあたりまえ、パテをうつのもあたりまえ、養生が必要な場合は養生するのがあたりまえ。こんな事を言えるのは小さな会社の特権かもしれませんが、同じように思っている業者さんはたくさん存在すると思います。

 

でもこの考えでは儲からないんですね・・・。(悩ましい事です)

でもこの考え方でチャレンジ!何かの光が見えるかもです。・・・・(笑)

 

 

TOPページに戻る →

 


概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
Copyright (c) 2011 home-reno company . All rights reserved.