仕事の道具

6月にしては珍しい台風4号のおかげで現場が休みな事もありブログを書いています。(結構強力な台風との情報でしたが、大した風もなく普通の雨の日と同じ様なものですが・・・)


たいそうなタイトルですけど普段仕事で使っているデジタルカメラです。その名は、RICOH GR DIGITAL Ⅱ f2,4のGRレンズ。


使い始めて3~4年ぐらいになります。もともと銀塩の時のコンパクトカメラもGRを使っていたので、その時からのRICOHフリークです。


数十年前あるRICHOで働いていた女性と知人になったのですが、その方のご主人もRICHOにお勤めで若くして病気で亡くなられました。未亡人になった知人から、しばらくの間毎月幾らかの援助が組合から支給される話を伺いました。(すごく長い期間だったように思います。今はどうかやどれぐらいの費用で何カ月何年とかはまったくわかりませんが・・・・)
その話を聞いた時からすごくRICHOという組織のファンで、その組織で働く方の作るものは絶対に良いと思いこんでいます。


そんな事もあり、銀塩のGRを使い始め、今はGRデジタルⅡを使っていますが、いまだに何一つ不満がありません。本体のデザインもシンプルに絞り込んでいますし、なにせマグネシウムダイキャストボディーですから質感が良いです。
写りも下手に派手さは無いですが、空気感もとらえる描写をします。それにバッテリーの持ちが良くて、仕事に使う道具としては最高ではないでしょうか?


あえて一つだけ不満をあげれば、オートフォーカスの迷いが多いのと手ぶれ補正がないので、急いでいるとピンボケの写真が多くなります。特に室内撮影で手持ちでフラッシュ無では、いくらF2.4といえども1/30秒以上になるとちょっと苦しいですね。
最近は手ぶれ補正がついてF2.0のRICOH GR DIGITAL Ⅳが販売されていますが、まだまだⅡでいきます。(買う余裕がないです・・・)


先日スマホデビューをはたしましたが、これにも結構良いカメラが付いているので、スマホでの撮影もがんばってみようと思います。

・・・道具としての質感はまったくないですが(笑)。

 


概要 | プライバシーポリシー | Cookie Policy | サイトマップ
Copyright (c) 2011 home-reno company . All rights reserved.