「床の遮音性能」

マンションM邸 リノベーション

/ 神戸・湊川公園付近  工事開始(初日)

 
築30年前のマンションリノベーションです。
間取りは良くある洋室+和室+和室+LDKと標準的な間取りの建物を、洋室+二部屋の和室を無くして大きなLDK
に変更する計画です。
今日から解体工事に入りまずは間仕切り壁やキッチンを撤去しております。
床はシンプルなことにコンクリートスラブの上に直接クッションフロアーが敷かれ、畳も直接置かれていました。
この当時のマンションは大体この手法です。
 
今回のリノベーションは広くなるLDKを無垢の床板で仕上げる事が最大のポイントです。
 
通常マンションの場合、床には遮音性が求められる為、無垢材の床を貼るときは工夫が必要です。
新建材の床材にはそれなりの工夫をした素材(フローリングの裏にスポンジの様な物が貼られているもの)はあるのですが、無垢材の場合は施工方法に工夫が必要です。
 
いろいろな方法がネットなどで検索されるとわかると思うのですが、今回コストと性能のバランスから遮音マットで施工します。
ここでちょっと説明・・・・
そもそも、フローリングには、表面が木目風に印刷された合板状の物(ほとんどの住宅で使用されている物、いわゆる新建材)、表面に薄い無垢材を貼った合板状のもの(欧米に多い)、純粋に無垢の木を製材したものなどなど色々あります。(新建材以外は施工方法が面倒ですので新建材以外をお見せしない業者の方もいてはるそうです)
 
それぞれ長所短所があるので、施主は実物サンプルを実際に手で触り質感を感じ、視覚や嗅覚で感じる事が大事だと思います。
 
個人的には住居の中で最も大事なのは、いつも体の一部が触れる床だと思っています。
床材(材料)だけなら全体のコストの何十分の一です。
少々高くても後々の事を考えて選択される方がきっと飽きのこないリノベーション(リフォーム)に繋がと思います。
 

概要 | プライバシーポリシー | Cookie Policy | サイトマップ
Copyright (c) 2011 home-reno company . All rights reserved.